労災事故被害者のための弁護士による労働災害SOS

ご相談の流れ

労災事故の相談について

ご予約の上、みらい総合法律事務所での面談によるご相談となります。
労災事故の相談料は、無料です。安心してご相談ください。

以下がご相談をお受けできる事故となります。

contact01.jpg
頭部外傷
遷延性意識障害/脳挫傷/硬膜下血腫 くも膜下出血/びまん性軸索損傷/ 高次脳機能障害
脊髄・脊椎
脊髄損傷/頸椎骨折/頚椎圧迫骨折/ 胸椎圧迫骨折/腰椎圧迫骨折
目・耳・手足
失明/聴力喪失/腕・指・足の切断

ご相談の手順

【 お電話の場合 】
  1. tel.gif におかけください。
    平日10:00~18:00 (夜間・休日は、受付センターでのご対応となります)
  2. 「労災事故の被害者ですが、ホームページを見た」とお伝え下さい。
    当方より、次の事項をお聞きすると思いますので、あらかじめご準備ください。
    (1)労災事故の年月日
    (2)傷害の部位、程度
      (死亡事故や介護を要する重度後遺障害の場合には、この時点で弁護士に代わります。)
    (3)後遺障害認定等級は何級か
  3. その後、弁護士とお話ください。そこで、日程調整をさせていただきます。
  4. ご予約の日時に、資料を持って事務所にお越しください。
  5. 相談当日は、入り口にて、「労災事故の相談で、〇〇時に予約した〇〇です」とお伝えください。
    相談室にお通し致します。
  6. 弁護士がお話をお伺い致します。お客様が請求できる賠償額の算定、相手方からの提示額の妥当性などについて、弁護士がアドバイス致します。その際、当事務所にご依頼いただいた場合の弁護士費用についても説明致します。
  7. 弁護士の説明を聞き、当事務所に交渉や訴訟をご依頼いただける場合には、委任契約を結びます。その際契約書にご署名・ご捺印をいただきます。
    (もちろんすぐに決める必要はなく、じっくりとご検討していただいた上でかまいません。)

【 ご相談予約フォームないしメールの場合 】
  1. 下の「ご相談予約フォーム」あるいは、メールmail_on.gif で、ご相談ください。(24時間OK)
  2. 弁護士より直接メールないしお電話にて、ご連絡致します。
    そこで、ご相談日時の日程調整もさせていただきます。
    メールアドレスが間違っていると、ご連絡できない場合がございますので、正確にお願い申し上げます。
  3. ご予約の日時に、資料を持って事務所にお越しください。
  4. 相談当日は、入り口にて「労災事故の相談で、〇〇時に予約した〇〇です」とお伝えください。相談室にお通し致します。
  5. 弁護士がお話をお伺い致します。お客様が請求できる賠償額の算定、保険会社からの提示額の妥当性などについて、弁護士がアドバイス致します。その際、当事務所にご依頼いただいた場合の弁護士費用についても説明致します。
  6. 弁護士の説明を聞き、当事務所に交渉や訴訟をご依頼いただける場合には、委任契約を結びます。その際契約書にご署名・ご捺印をいただきます。(もちろんすぐに決める必要はなく、じっくりとご検討していただいた上でかまいません。)

相談時にご用意いただく書類

相談時にご用意いただく書類は、以下のとおりです。 お手元にあるもので、写しで結構です。
  • 診断書・後遺障害診断書
  • 後遺障害等級認定の結果
  • 審査請求を行ったときは、審査請求申立書と決定書
  • 相手方や保険会社から示談提示があったときは、その書類
  • 労災保険給付の申請書及びその添付書類
  • 保険会社に提出した書類
  • 源泉徴収票(事故前から現在)
  • 休業損害証明書
  • その他関連書類

お気軽にご相談ください。

下記バナーをクリックするとご相談フォームに飛びます。まずはお気軽にご相談ください。
相談時にご用意いただく書類はこちら
ご相談はお気軽に
  • 労働災害の損害賠償手続
  • 労働災害はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
労働災害の弁護士相談はお気軽に
労働災害でお悩みの方は今すぐご連絡を!
労災に悩み方へお送りする小冊子ご案内