労災事故被害者のための弁護士による労働災害SOS

不服申立と行政訴訟手続の流れ

最終更新日 2011年 01月10日
監修者:弁護士法人みらい総合法律事務所 代表社員 弁護士 谷原誠

労働基準監督署長に対して労災の保険給付の請求をした時に、全部または一部の不支給の決定(後遺障害等級の認定を含む)があった時、それに不服があるときは、被災労働者や遺族などは、労働保険審査制度により不服申立をし、かつその後行政訴訟を提起することができます。

いきなり行政訴訟を起こすことはできず、まず2段階の審査手続をする必要があるので注意が必要です。

i03.jpg
  • 労働災害の損害賠償手続
  • 労働災害はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
労働災害の弁護士相談はお気軽に
お知らせ
新型コロナウイルス感染症への対応として、業務時間を
10時~17時
とさせていただいております。
ご理解を賜りますよう
お願い申し上げます。
労働災害でお悩みの方は今すぐご連絡を!
労災に悩み方へお送りする小冊子ご案内