労災事故被害者のための弁護士による労働災害SOS

胸腹部臓器(生殖器を含む)の後遺障害


胸腹部臓器の後遺障害等級

1級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級2の3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級1の3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級13号 両側の睾丸を失ったもの
9級7の3号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
9級12号 生殖器に著しい障害を残すもの
11級9号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級3の3号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

胸腹部臓器の後遺障害のポイント

胸腹部臓器の障害は、大きくは生殖器とそれ以外の臓器にわけられています。
さらに障害認定基準上は、臓器ごとに基準が分けられ、①呼吸器、②循環器、③腹部臓器、④泌尿器に区別されています。

他覚的検査としては、聴打診、心電図、XP検査、心肺機能検査、血液ガス分析、内視鏡検査、消化液検査、尿検査、肝臓等の機能調査、血液検査などがあります。

胸腹部臓器の障害は症状固定後に悪化することも多くあるため、将来再発することも考慮して、上記検査を受け、検査結果を記録として残しておくことが大切です。
  • 労働災害の損害賠償手続
  • 労働災害はお一人で悩まず弁護士へご相談ください
労働災害の弁護士相談はお気軽に
労働災害でお悩みの方は今すぐご連絡を!
労災に悩み方へお送りする小冊子ご案内